人気ブログランキング |
「ゼロスルスル釣法」「グレ釣り」といえば・・・
尾長グレ
6月12日
今朝の白浜はこんな感じです。曇り空で今にも雨が降りそうやなぁ~!北東から雲が早く流れています!
尾長グレ_a0093423_82128100.jpg


昨日釣った尾長グレは昨日の夕飯で早速いただきました。適度な脂が乗っていて美味しかったですね!

刺身(35センチ)は皮を引いた身が脂ぎっていて、もっちり、ねっちゃり口の中でとろけていきました。

30~33センチは3枚に下ろして腹骨、中骨を抜いて塩コショウし、皮ごと多めの油で焼いてみました。これも美味かったですね!

残りの25センチ級は干物にしますが、これも美味しいだろうと期待しております。ただ・・・・「今日は干物日和ではないなぁ~!」。

10日のドリ―ム予選の様子
尾長グレ_a0093423_8421931.jpg

高平瀬水道の船着。「本命の東向きは波しぶきをかぶるので出来ん!」で水道側の穏やかなところでということなのだが「子サバであかんわ!」。雑談しているのは兵庫のソンブレさんと京都のバンビちゃん。でもこの二人この後本命場で真剣にやってバンビちゃんはこの日の最長寸43.5センチを含む4匹を釣って予選通過した!ソンブレロさんも本当は通過していたのだが、最初に釣ったキーホルダーグレをリリースしてしまいわずかの差で次点になってしまった!せっかくまずまず型を2匹釣ったのに!
尾長グレ_a0093423_8424521.jpg

高平瀬西の人物は患者さん!釣り始めから絶好調!まずまず型を揃えてA組2位通過した!その隣で竿を出しているのはB組の古澤さんですがこちらも通過していた。
尾長グレ_a0093423_843811.jpg

チョボで座り込んでいるのは伸釣海の大霜さん!「あかんの~」。「イマイチやなぁ~」でも通過していた大霜さん!
尾長グレ_a0093423_8433083.jpg

角石高場の3人、ここは3人共があと一枚釣っていれば通過という釣果でした。一段低い離れで竿を出しているのは今回初参戦のTさんチームピース。初参戦を大歓迎しています。残念でしたが有難うございます。一番右は闘友会小浦兄さんは僅かの差で次点でした。本日2番目に大きいのを釣っていたが・・・。
尾長グレ_a0093423_844091.jpg

角石、ここはバリアフリー!足場が良くて大型が出るので私の大好きな磯だ!でもこの日は不調だった!

尾長グレ_a0093423_8442145.jpg

フタワレはA船で1位通過の西しゃん(伸釣海のボス)。見回り船で「どない」と聞くと「あかん全然やわ!」と言うていたのに・・・。きっちり10匹揃えて検量に!永田船長談「先日大敷網のロープ交換した時に海底のゴロタ石に大型グレがびっくりするほどいた」と言うてはりました。樫野の人は皆さん大型グレはここが一番やといいますね!私もそう思います(私のここでの記録は49・5センチだと思います梅雨グレ期でした)が根が荒く取り込み難いのが難点ですね!それと足場が悪い!
尾長グレ_a0093423_8444618.jpg

大谷の高場は樫野磯北側境界ギリギリにあり少し奧まった所に位置している。釣り座が非常に高いが魚の動きがよく分かり面白い。過去この磯では数々のトーナメント決勝が行われて来た程の名礁なのだ!時には50センチ前後グレが乱舞し、また時には厄介なほどのコッパグレが(25センチまで)!バラエティーに飛んでいる!
余談
実は私が和歌山県釣り連盟の名人を獲ったのはこの磯です。テレビカメラ(四季の釣り)関係3人。その時の連盟会長で故志賀会長。役員等を含め12人ほどこの磯に上がって名人戦を行なった。季節は6月半ばの梅雨グレ期だった。物凄く蒸し暑い日でおまけに無風!汗でサングラスが曇り目に汗が入り大変でした。でもグレは入れ食いで釣れた!型も良くて40センチオーバーも何匹か釣った!釣れんかったが50センチぐらいのグレも何匹も見えていた!結果は場所にも恵まれ、釣って釣って釣りまくり私が勝って和歌山県初代名人になった。

この時代、和歌山県釣り連盟でのグレ釣はビンビンボールにカヤウキが主流だった。というよりグレ闘友会以外は全員カヤウキだったと記憶します。徳島から移り住んだ私にとって中通しのどんぐりウキしか使ったことがなかったので、二段ウキは馴染難いウキだった。志賀会長に「浅ダナの良型グレは当たりが出難い、中通しなんかでは特に当たりが出難いぞ、それでもカヤウキだとスッパスッパ入るでぇ~」と言われました。あまのじゃくなのか私はそれで余計に奮いたった。それなら中通しウキで絶対勝って名人を獲ってやると!そのために浮力ギリギリで極小のウキを桐素材からより当たりが出やすい発泡素材(軽い素材が小さい当たりをとらえられてオモリを多く仕込めて遠投ができるでもオモリの位置で微妙に当たりが違ったりして一番苦心した)で作っては試し試行錯誤が続きました。

なんとか完成した発泡中通し極小ウキを引っ提げて名人戦に臨んだ!あがり症の私はテレビカメラで緊張してハリが上手く結べていなかった。それで最初に掛けたグレが豚の尻尾状態でバラしてしまった!気を取り直してなんとか1匹目のグレを取り込み冷静に釣りができた。ウキも浅いタナのグレに素早く反応してくれた。ウキが入ってから合わせたのでは遅くて素バリを引く。でピクンで全て合わせを入れて大半飲まれることなく口掛かりして入れ食いになった!そして大差で勝った!後に志賀会長に「中通しウキでよく勝ったなぁ~色々考えた跡がウキに出ていたな」と言ってもらえた事と自分のグレ釣を会長が認めてくれた事が本当に嬉しかったですね。その後和歌山県釣り連盟も中通しウキが日増しに増えていきましたね。

そんな思い出深い磯がこの大谷高場です。ずいぶんと昔の話ですが魚影の濃さは今も何等変わっていません。時折50センチグレ、時にはコッパグレのオンパレードも何等変わっていません。こんなこともよく言われました「内磯に行くんやったら一日辛抱しないと昼までコッパグレでも突然大型グレに変わるでぇ~」と今は廃業した政栄丸船長に!私にとって内磯はウキの開発とグレ釣りで食わせの勉強の場ですね。おまけに50センチオーバーグレの魅力もあるし!

懐かしい話になってしまいました。久しぶりにビデオテープ観てみようかな!
by f-kaikun | 2012-06-12 08:21 | Comments(0)
<< 仲間達 和深 >>


以前の記事
最新のコメント
> 山田さん もし分け..
by f-kaikun at 19:02
> たけおさん すみま..
by f-kaikun at 18:36
ご無沙汰しています。 ..
by たけお at 06:54
ホンコンサン、間違った場..
by f-kaikun at 19:37
> ホンコンさん こん..
by f-kaikun at 19:33
熱中症 気をつけて下さい..
by ホンコン at 14:33
> 悩み解消人さん ど..
by f-kaikun at 18:49
丁寧な御返事ありがとうご..
by 悩み解消人 at 21:23
> 悩一人当たりさん ..
by f-kaikun at 21:02
こんばんは。 唐突..
by 悩一人当たり at 00:54
カテゴリ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
フィッシングベース 海クン 代表者 藤原義雄
〒649-2325 和歌山県西牟婁郡白浜町富田字中河原545-1  TEL 0739-45-8450 FAX 0739-45-3276